子どもの教養

2009年8月16日 (日)

「世界一受けたい授業」

昨夜(8/15)の「世界一受けたい授業」の1時限目の社会は、

「形に秘められたミステリー」でお子さんにも身近でわかりやすいテーマでした。

その1・・・ペットボトルには、丸(筒)型と四角型がありますが、

丸型は炭酸飲料に使われ、それにはちゃんと理由があるというお話。

丸型だと中の炭酸の力がペットボトルに均等にかかり、何の問題もないそうです。

ところが、四角いペットボトルだと、中の炭酸の力が

ペットボトルに均等にかからず、変形してしまうそうです。

だから、ペットボトルには、丸と四角があるのだそうです。

番組の中で実験、四角いペットボトルに炭酸を入れて、振りました。

すると、四角いペットボトルが見る見るうちに、

破裂しそうな勢いで楕円に変形してしまいまいした。

この原理は、ペットボトル以外にも活躍しているとのお話。

発電所や工場などにある大きな大きなタンク・・・あれは、筒であったり、球ですよね!

タンクの中で力が均等にかかっていないと、爆発などの恐れがあるので

筒や球のタンクになっているそうです。なるほど!ですね。

あるゲストが、だから地球も丸いんですか?と尋ねていました。

先生は「そうですね。丸でなかったら、大変なことになっているかもしれなせんね!」

というようなことをおしゃっていました。

その2・・・鉛筆は六角形なのに、色鉛筆が丸なのも、”力”が理由というお話です。

色鉛筆は、芯を焼いていないので軟らかくて折れやすいため、

力が均等にかかるように丸だそうです。

それに対して、鉛筆の芯は焼いてあるので強いそうです。

この他にも身近な”形”のそうなった理由を紹介していました。

興味のある方は、こちら↓↓↓↓↓を覗いてみて下さい。

http://www.ntv.co.jp/sekaju/class/090815/01.html

ママやパパがこのようなことをお子さんにちょっとお話してあげると、いいですね!

クイズ形式で質問してみるのもいいかもしれません。

こんなことをしていると、子どもの探究心や知能がグングン育ちますよheart04

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 人気ブログランキングへ

↑2つにクリックお願いしますhappy01

興味のある方、HPのベビーマッサージ教室の様子はこちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/mc-b-m-phot.htm

チャイルド発達教室の様子は、こちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/child-youse.htm

| | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

幼児の市販教材の活用法その2

昨日のおってみようの活用法その2ですhappy01

幼児の市販教材の活用法その2

写真のように消防車を上から見たところです。四隅を折ると

幼児の市販教材の活用法その2

このように消防車のボディが出てきます。というのが、普通です。

幼児の市販教材の活用法その2

これをひと工夫しまして、四隅を折るのではなくて、切り離します。

ようするに、四片パズルです。

子どもたちに、いくつかの中から、まず自分の好きな車、動物など選んでもらい、

次にそれに合う四片を散らばっている中から集めてもらいます。

そして、パズルを仕上げてもらいます。

出来上がりがダイヤ型なので四片なんですが、以外とあれ?あれ?と

悩んだりして、これがまたいいですねshine

このように、2~3才のお子さんならゲーム感覚で楽しめますnote

紙なのでくちゃくちゃになってしまわないためには、

ラミネート加工するといいですよsign01もちろん厚紙に貼るでもok

ラミネートの機械(そんな大袈裟なものではありませんが)は、

1つあると何かと便利ですhappy01

幼児の市販教材の活用法その2

次にこれは、上下から折り曲げるものですが、折る前は、

食べ物の切り口になっています。

この切り口の食べ物は何かな?

折るとその食べ物が出てくるよ!というものです。

幼児の市販教材の活用法その2

それをまたまた、このようにバラバラに切り離してパズルにしました。

これは、コルクに貼り付けて本当のパズルのように

はめ込めるようにしてみましたが、これは、ちょっと頑張り過ぎましたsweat01

ママさんたちには、好評ですが、最初で最後ですcoldsweats01

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:

車を上から見た状態、食べ物の切り口(他にも動物のおしり、

足跡などあります)など、

さっと折ってしまうだけでは、なかなか認識出来ません。

ご紹介したようにひと工夫して、何回か遊ぶことで、

それが認識出来るようになりますflair

認識することで、同じものでも、いろんな見え方があるということを知ります。

それを知ることは、いろんな人がいて、いろんな考え方がある、

ということへの理解にもつながり、柔軟性のある頭と心を養います。

折るだけではなく、せっかくの素晴らしい教材を活用して、

じっくりと、得られるものすべてを引き出して教えてあげて下さいねwink

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますheart02

| | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

幼児の市販教材の活用法その1

幼児の市販教材の活用法その1    幼児の市販教材の活用法その1

幼児の市販教材に“くもんのファーストステップドリル”の「おってみよう」があります。

この教材は、折ること、折ると形が変わること、手先の器用さ、

集中力などを楽しく学ぶことが目的のようです。

この教材を一工夫して折る以外での活用法をご紹介しますnote

マザーチャイルドのチャイルド発達教室でも活用していますhappy01

幼児の市販教材の活用法その1  幼児の市販教材の活用法その1

写真のワニは、折る前で、折るとカエルに変身します。

これを先に折ってしまいカエルにします。

それを子どもに見せて

これ何だかわかる?

カエルsign03(何人かいれば、必ず一人ぐらいは、叫びますshine

そうだね、カエルだねsign01

ピョンピョンと床の上で跳ねるまねをして最後にピョーンと言いながら

大きく跳ねるまねをして折ってある部分を伸ばします。

子どもは、カエルがワニに変身したので、

わぁーというような顔をして目をクリクリさせて見入りますeye

こうして、教材をひと工夫することで、

聞かれてカエルと答えること、カエルが飛ぶこと、

それをピョンピョンと言うことなど、一度にいろんなことが学べますnotes

また、人がすることに注目(集中)するようになります。

見ていれば楽しいことがあることを知り、

この遊び以外でも、見ようとするようになりますscissors

3才前後の子なら、同じようにカエル飛びのまねをしたり、

私がしているのを自分にもやらせてという子もいますheart02

素晴らしいですよね\(^o^)/

こうして何度か楽しんだ後に、折ることを教えると、

子どもは、折ることに興味が湧き、

折れば楽しいことが待っているので積極的に折るでしょう。

折ることは、難しいけれど、ご紹介した遊びなら

1才前後〜何歳でも楽しめていいですよheart04

ただし、大人が先に折ってしまうので、子どもにも折らしてあげたいので

同じ教材が2冊必要になります。でも1冊500円ですし、何度か楽しめるし、

きょうだいやお友達にも使えば、価値はあるのではと思いますhappy01

この変身だけでも何種類もあります。

お子さんの年齢に合わせて、身近でわかりやすものを選んで

見せてあげて下さいねwink

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますm(_ _)m

| | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

乳幼児の台所育児

ママが台所に立っていると、子どもは、必ず寄って来ませんか?

そんな時は、プラスチック製のボールとおたまなどを

与えてあげると大喜びしますよhappy01

ついでにボールの中に、野菜の切れ端を入れてあげて下さい

ママと同じことをしていると思い、もっと喜びます\(^o^)

ハイハイを始めるようになれば、十分まねをして、遊びます。

1才を過ぎれば、レタスやキャベツを渡します。

黙って、すべてはがしてくれますcoldsweats01

洗えば食べられます。かわいい我が子の手料理

パパは、涙を流して大喜びで食べてくれますよsweat01

食事の準備中にテレビやDVDを見せているよりも、

台所に入れないように、さくを取り付けて、その向こうで

ぐずらせているよりも、ずっとずっと親子のためにりますよheart04

手先も頭も使います。食材の存在や名前も覚えます。

ママと「同じ」を知ります。まねることも覚えます。

好奇心とやる気を豊にします。

*:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;:**:;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;;:**:;;;;;:**:;;;;;:*

2才にもなれば、椅子を引っぱて来て上り、ママの横に並ぼうとします。

その子のための小さいまな板を与えてあげて下さい。

包丁の代わりにステーキナイフを与えてあげて下さい。

「あなただけのものよ!」と言ってあげて下さい。

子どもは、にっこにこです。

ステーキナイフは、かなりのものが切れますが、

手は切らないので、とても安心です。

それでいて、シルバーでママの包丁とよく似ているので

「ママと同じじゃないannoy」と怒りません。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

洗い物も同じですよ。子どもは、水が大好き。

洗い物に気が付いて、洗いたいと言い出したときが「させどき」です。

割れないものだけ残して、気が済むまで洗わせてあげて下さい。

もちろん、水遊びに発展することは、言うまでもありませんがcoldsweats01

エスカレートして、家がキケ~ンhappy02というギリギリまで

止めるのを待ってあげて下さい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ほんのわずかなママの優しさです。

子どももママも心が豊になります。

教えなくても、気が付いたら、本物の包丁を持っているでしょう。

食事の準備もおやつ作り、お手伝いも自然とし始めるでしょう。

散々、台所入りを拒否しておきながら、

小学生、中学生になって、

自分のものぐらい自分で運びなさい。

少しは、お手伝いをしなさい。

テレビばかり見ていないの。

と言われても、子どもは、納得がいかないものですよwobbly

人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

↑ランキングに参加しています。

2つにクリックお願いしますhappy01

| | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

新聞を読む子になるには

ネット社会の現代、新聞なんていらない・・・

とのお考えの方も多いと思いますが、私は、必要だと思います。

新聞や書籍に触れることは、情報を得るだけにとどまらないからですhappy01

新聞を読もうとすれば、新聞にしかない匂いを知ることが出来ます。

大雨、大雪の日に届く新聞は、濡れている部分があったり、

湿っていたりして、天候によって変化のある新聞と出会えます。

そして、新聞をめくるも新聞でしか聞けない音ですear

このような些細なことですが、すべてが自然現象ですtyphoon

人が、特に子どもが、この自然現象に出会うことがいかに大切かflair

五感に働きかて、情緒を豊かにし、また、脳を活性化させるのです。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚゜。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

子どもが新聞を読むようになるには・・・

子どもが小さい時から、ママ、パパが新聞を読むことですsign01

テレビ欄や好きな面だけでいいので、毎日でなくてもいいので、

子どものいる前で読んでいる(見ている)姿を見せるのです。

床に置いて読んでいたりすると、

小さい子どもは、うれしそうに背中に乗って来ますheart01

ちょっと重いけど、1、2分辛抱して乗せてあげて下さい。

そうすれば、子どもは、ママやパパが新聞を見ている時が

ほんの1、2分でも嬉しい時間になりますhappy01

子どもがもう少し大きくなると、ママやパパが見ている新聞は、

何がそんなにおもしろいのだろうかsign02と思うようになります。

そして、新聞を触り、めくるでしょう。

そこで4コマ漫画など見つけるかもしれませんeye

動物や赤ちゃんの写真付きの記事を見つけるかもしれません。

近所の人やお友達を見つけるかもしれません。

読まなくてもいいんです。

子どもが反応した時、反応した場面を親子で楽しめばいいのですheart04

そんなこんながありながら、子どもにとって新聞が

身近で楽しいものになりますshine

こうして、子どもがもう少し大きくなったら、テレビ欄の見方を教えてあげます。

子どもから聞いてくる場合が多いかなsign02

テレビを見る、見ないは関係ないんです。

現に我が家は、以前からほとんどテレビを見ない家庭です。

テレビ欄を隅々まで見て読むことで、かなりの情報を得ることが出来ますnotes

政治、経済、スポーツ、芸能、事件、育児、教育、医療、趣味、芸術、世界・・・

ありとあらゆる分野の番組が放送されているので、

その番組のタイトルや見出しだけでも今現在、何が起こっているのか、

何が流行っていて、どんな言葉が世に出ているのかがわかります。

入れ替わるドラマだって把握出来るし、役者さんの名前もバッチリsign01

こうして、無理強いせず、目につく番組欄を見ることから始めて、

ゆくゆくは、テレビ欄を網羅することを伝えます。

そうすれば、小学校高学年や中学生になれば、

自然とテレビ欄以外にも目を向けるようになるものです。

こうなれば、しめたのもですflair

家族で、あんなことが載っていた、こんなことが乗っていたと、

情報獲得自慢大会です。

子どもと大人では、目に付く記事が違うものです。

また、子ども同士、大人同士でも違ってきます。

ママ、パパが見落とした記事を知っていようものなら・・・鼻高々です。

新聞をこんな感じで家族の輪に取り込むのも悪くないと思いませんか?

新聞1つで”一石何鳥”になるのかな?

人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

↑ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m

マザーチャイルドHPにも遊びに来て下さい。

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/

| | トラックバック (0)