子育てアドバイス

2011年11月 4日 (金)

「わがまま」は、どう育つ!?

前々回「自立」の記事に関連し、ママさんたちがよく抱く疑問。

小さい子どもをどこまで怒らず、見守ればいいのか?

怒らなくていいことと、怒らなくてはいけないことの境界線がわかりませんと。

また、「怒らないとわがままな子になるのではないかと心配です。」と…

前々回記事にも少し出てきましたが、テレビが見たい、おやつを食べたい…

このようなことは、自分の欲求をコントロールするのが下手なだけで、

わがままではありません。

日常の生活の中で普段から、子どもの気持ち(心の要求)を

くみ取りながら接していれば、物欲はほとんどコントロール出来るものです。

心の要求が叶わないので物で代替えしようとしているだけなのです。

では、「わがまま」とは…文字通り「我がの思うまま」です。

子どものわがままは、親がわがままであるかどうかで決まるでしょう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

例えば、飲食店に入るなり、食事をするテーブルの上に

我が子を寝かしておむつを替えだすママ、

誰がどう考えても、社会的なルール(常識)に反していることでしょう。

周囲は迷惑でしょう。

これは、このママのわがままな行為なのです。

親がわがままな行動を取ることが、子どもをわがままな人に育ててしまうのです。

子どもは犠牲者です。

わがままは怒る怒らないの問題ではなく、

甘やかす、甘やかさないの問題ではなく、

親がわがままかどうかという問題なのです。

親が社会的なルールを守り、周囲にある程度の気配りを持って生活していれば、

子どももまた、ルールを守り、周囲を見れる人になれます。

自分さえよければいいと社会的ルールに反し、かつ他人の

迷惑になる行為のことを「わがまま」というのです。

このように考えれば、何がわがままで何がわがままではないかが

判断がつきやすいと思います。

他人に迷惑をかける人になってほしくないと思い、

とりあえず、厳しく育てようというパパ、ママも少なくありませんが、

それでは、子どもを傷つける結果を招いてしまうので、おすすめ出来ません。

まずは、パパ、ママの普段の行為を振り返りつつ、

子どもの気持ちをくみ取りながら、思いやりを持って接して下さい。

HPにもびに来てくださいnote

http://www.mother-child.jp

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月30日 (日)

子どもの自立…急がば回れ!

3歳前後のお子さんを持つママさん、

身の回りの基本的なことは、自分でしてほしい、

下に兄弟がいる場合、手伝うぐらいのことをしてほしいと思うようです。

しかも、その場の状況を読んで動いてほしいと思うようです。

しかし、その反面、寝顔を見ながら、今日も沢山怒ってしまった、

たくさん無理や我慢をさせてしまったと自己嫌悪に陥るようです。

ママさんたちは、毎日の家事、育児に気持に余裕がなくなっているようです。

子どもに少しでも早く自立してほしいと期待してしまうし、

自立出来るように育てなくては…それが今の自分の役目であると思っているようです。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

沢山の経験をしてきた大人でも、余裕のない毎日、

生まれて3年前後しか経っていない子どもに

自立や手伝いを求めるのは、あまりにも不自然ではないでしょうか?

3歳前後の子どもにそんなことが出来るなら、

大人は、誰の手助けもなく、家事、育児、仕事を

こなせるだけの経験を積んできているはずということになります。

結局は、大人が子どもに甘えているということです。

そのことに気付いてほしいと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

子どもに早く自立してもらおうと思うなら、

何でも一緒にしたり、求められたときには、快く手を貸すことです。

食事の時に食べさせてと求められたり、着替えを手伝ってと求められたら、

快く応じてあげましょう。

子どもは、自分ですることが辛いときもありますが、

多くは、ママにちょっと自分のことを気にかけてほしいのです。

だから、求められたときに快く「わかったよ、いいよ」と言って手を貸してあげると

子どもはご機嫌になり、すぐに、後は自分で出来ると言ったりします。

そして、それをほめると、子どもは自慢そうな顔をします。

この瞬間に子どもは「自信のかけら」を手に入れるのです。

このかけらの積み重ねが大きな自信となり、自立へとつながるのです。

また、ママが手を貸してくれているように、子どももまた、人に手を貸せる

優しさや思いやりを持った人になれるでしょう。

加えて、テレビが見たい、ゲームがしたい、おやつが食べたい、

あれを買ってほしいというようなことも、大人が困るほど言わなくなります。

心が満たされているからです。

ただし、ママが「またか、いつになったら自分でしてくれるんだろう…」

というような気持で手を貸しても、子どもは自立していきません。

ママに認められていない不安があるから、ママから離れません。

あくまでも、子どもの気持ちを認めて、「快く」手を貸してほめることがポイントです。

子どもの機嫌が悪いのは、サインであり、わがままではありません。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

このような話をすると、多くのママさんは、

子どもに申し訳ないことをしてきたと涙を流します。

多くのママさんは、素直です。

素直にこちらの助言を受け止めてくれるからこそ、涙を流すのでしょう。

このママさんの気持ちが本当に大切だとし、

この素直さが、子どもを素直な人に育てることになるのです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

本日のテーマ

子どもに早く自立してほしいと思うならば

「急がば回れ」で、慌てず手を貸しながら子育てして下さい。

子どもは、順調に安定した心で自立していきます。

HPにもびに来てくださいnote

http://www.mother-child.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

午前中の脳力…キーポイントは朝ごはんのおかず

全国的に「早寝、早起き、朝ごはん」の推進に力をいれている昨今。

朝ごはんが午前中の脳力に影響を与えていると言われています。

朝ごはんは、おにぎりや食パンだけでは、不十分なようです。

「大人の脳トレ」などでご存じの川島隆太先生が行った研究では、

朝ごはんを食べていかない子どもと、おにぎりやパンを食べて

いった子どもとの脳の状態を見たところ、

あまり脳の状態はかわらなかったとのことです。

一方、おかずがあり、ある程度栄養のバランスの良い朝食を

食べていった子どもの脳は、活性化して高い脳力を発揮していたそうです。

川島先生は、午前中の学習の脳力は、「おかずにかかっています」と

講演会で話しておられました。

お子さんが幼児や低学年の場合、しっかり朝食を摂ることが

まだ難しい場合があると思います。

このような時期に大切なのは、「朝食を摂る」という習慣です。

だいたい決まった時間に決まった場所に座り、

お味噌汁一口でも、ご飯一口でも、好きなおかず一口でも口にするということ大切です。

そのお子さんのペースに合わせて付き合ってあげましょう。

この習慣を付けていれば、学年が上がるにつれて、

しっかりと朝食を摂ることが出来るようになります。

我が家の娘たちは、花の女子高生ですが、朝食におかずがないと

「何にも食べる物がないannoy」と不機嫌ですsweat01

このように言われることは、喜ばしいことなんでしょうね。

頑張ってバランスの良い朝食作りに励みます!

 

HPにもびに来てくださいnote

http://www.mother-child.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

子どもを支援出来る親になれるといいですね!

前回記事で、灘高校の橋本先生のことを書きましたが、

今回は、その関連記事です。

橋本先生は、

「すぐに役立つことは、すぐに役立たたなくなる」

「自分が興味を持って掘り下げたことは、一生の財産になる」

ということをおしゃっています。

その通りだと思いますと前回書きました。

ここで、そのことに関連した1冊の本をご紹介します。

「ゆっくり じっくり スロ~ライフ教育」という本で

「福井大学教育地域科学部付属特別支援学校」に係わる

教師、保護者、大学教員で共同執筆された本です。

110724_143901

子どもたちに係わる全ての人が教育者というよりも「支援者」となっているのです。

全力で子どもを支えている様子が伝わってきます。

子どもの持てる力を信じて、その能力を出来る限り、

いかせるように支援しておられます。

「子どもが興味を持って掘り下げられること」が見つかるまで、

見守り、支援しています。

子どもを受け入れ、愛し、子どもと一緒に日々を楽しみ、勉強している姿を感じます。

子どもたちは幸せだろうなあと感じます。

灘高校の放送を見る前にこの本を読んでいたのですが、

放送を見たときに「灘高校の橋本先生の取り組みも、

福井の特別支援学校の取り組みも、どちらも同じ取り組みだ!」と感じました。

「すぐに役立つことを与える」のではなく

子どもが自分自身で何かを見つけ出すことの出来る、

そんな支援の出来る親、大人になれるといいと思います。

子どもは能力を存分に伸ばすのでしょうね。

この本は、読んでいて本当に心が温かくなります。

子どもや子どもに係わる大人たちの優しさや強さが伝わってきます。

初心に戻らせてくれる本で、子育ての基本、教育の基本が詰まっていると思います。

子育て中の方、教育関係者の方に、ぜひ読んでいただきたい1冊です。

 

HPにもびに来てくださいnote

http://www.mother-child.jp

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月29日 (火)

メッセージの詰まった絵本

昨日の研修会で、3冊の絵本を紹介しました。

ご存じの方もたくさんいらっしゃると思います。

↓「だいじょうぶ、だいじょうぶ」とどんな時でも支えられて

心の幹が太く、思いやりを持った子に成長する「ぼく」のお話。

「子育てのすべての基本が詰まっているような絵本だと思いますよ。」

とママさんたちによく紹介します。

思いやりを持って、子どもを大事に育てることのメッセージが伝わってきます。

002_2

↓ママが妊娠して、きょうだいが生まれるまでの

ママの変化とお兄ちゃんの心の出来事のお話。

お子さんにきょうだいが出来るという方がいらしたときなどに

おすすめしたり、教室で読んだりしています。

「早くから上の子に妊娠を伝えればいいんですね」

「赤ちゃんと生まれるまで、上の子と

どんな風に過ごせばいいかヒントになりました」

などの感想があります。

お腹の赤ちゃんを囲んで、家族の自然な絆づくりの

メッセージが伝わってきます。

004

↓きょうだいが生まれてからの上のお子さんの気持ちを

表現しているお話。

きょうだいをお持ちのママがいらしたとがときなどに

おすすめしたり、教室で読んだりしています。

「まさしく、家(うち)の話です」と、振り返るママもいます。

ママの優しさがすべてであることのメッセージが伝わってきます。

003

このような絵本がきっかけで、ママのストレスや悩みに話が

移ることがあったり、お伝えしたいことが、うまく伝わることもあります。

絵本は、子どもとの心のスキンシップと言われていますが、

お子さんはもちろん、大人もどれほど癒されているでしょうね。

絵本は、心を癒し、心を成長させてくれるすべての人のためのものですねsign03

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますhappy01

興味のある方、HPのベビーマッサージ教室の様子はこちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/mc-b-m-phot.htm

チャイルド発達教室の様子は、こちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/child-youse.htm

| | トラックバック (0)

2009年11月19日 (木)

インフルエンザ対策・衣・食・住

こちら北陸の学校では、1ヶ月ほど前からインフルエンザによる

学級閉鎖や学年閉鎖が相次いでいますbearing

今週初めから一段と冷え込み、インフルエンザウィルスが蔓延しそうな予感です。

インフルエンザウィルスとは、「気温と湿度」の調節がとても大切だということですflair

インフルエンザウィルスが死滅しやすい温度と湿度は、

●気度20~22度

●湿度50~60%

という実験結果が出ています。ウィルス生存率は5%だそうですsign03

これに対して、例えば気温10度、湿度20%だと

インフルエンザウィルス生存率は、60%を超えるとのことですshock

気度とい湿度のバランスを保って、インフルエンザ対策をしましょう。

インフルエンザウィルスは、特に湿度に弱いということなので、

室温が高かくなり過ぎて、室内が乾燥して

湿度が低下することには、気をつけて下さい。

北陸の場合、湿度が高い地域なので、室温20度ぐらいの暖房ならば、

あとは洗濯物の1つでも部屋の中にあれば、十分な湿度は保てるでしょうhappy01

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

気温や湿度とともに、私たち自身の体温もしっかり保ちたいですねsign01

やはり、インフルエンザに限らず、ウィルスは冷えた身体を好みます。

36度半ば以上の体温があるといいですね。

身体が冷える食べ物は避けて、身体が温まり栄養素の高い食べ物を摂りましょう。

我が家では、しょうがご飯がブームですshine

温かい白いご飯にしょうがをすりおろし、鰹節をたっぷりかけて、

そこへノンオイルのしそドレッシングを少々かけて、混ぜ合わせて出来上がり。

小さいお子さんは、好まないと思いますが、大人には、いいと思いますよflair

身体を温める食べ物、冷やす食べ物の参考サイトです。↓↓↓

美人力コンシェルジュ http://shoku365.com/beme/03/04.html

冷え性ドットコム http://www.hiesyo.com/tabemono/index.html

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

また、首や脇、頭、陰部は体温調節が出来ません。(夏の熱中症と同じ)

大人も子どもも首周りの大きく開いた服は避けて、しっかりと首を保護しましょう。

よだれの多い赤ちゃんは、よだれで肌を濡らしたり、

よだれで濡れたスタイが首を冷やしてしまわないようにしてあげましょう。

このようなちょっとした冷えがウィルスを近づけます。

また、スパッツなどを履いて(履かせて)太ももやお尻を冷やさないことが、

身体を冷やさないことにつながりますheart04

衣・食・住をもう一度チェックして、インフルエンザに負けない身体を作りましょう。

睡眠不足にも十分にご注意下さいねwink

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますhappy01

興味のある方、HPのベビーマッサージ教室の様子はこちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/mc-b-m-phot.htm

チャイルド発達教室の様子は、こちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/child-youse.htm

| | トラックバック (0)

2009年10月11日 (日)

勉強好きな子どもになるには

小学校入学前から、塾に通い、家庭学習に力の入るご家庭も少なくないようです。

それに伴い、すでに勉強に嫌気がさしているお子さんも少なくないようです。

子どもが勉強を好きになる、頭のいい子になるためには、

まずは、勉強を嫌いにさせないことが大切です。

勉強が楽しいと思えば、子どもは勝手に勉強するものです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

幼児期は、何よりも数多くの経験が大切です。

日常の暮らしの中での経験をた~くさんさせてあげることで、

どんどん賢くなっていき、知りたい(勉強したい)ことがたくさん出てきます。

日常の暮らしの中で知っていることがたくさんあるということは、

小学校入学後の勉強に非常に役に立つし、そこにつながっているのです。

また、家族でゲームをしたり、トランプをしたりすることもとても大切なことです。

小学校入学前に勉強を教える必要などどこにもないのです。

入学してからは、以前7/8の記事でお伝えしたように、

好きな科目(こと)から取り組ませてあげあましょう。

国語が好きな子もいれば、算数が好きな子もいます。

生活や図工、音楽の好きな子もいます。

休み時間と給食を楽しみにしている子もいます。

とにかく、その子の好きなことを尊重してあげましょう。

好きな科目をたっぷり楽しめば、必ず次の科目も気になり出します。

このようにして、興味というものは広がっていくものです。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

勉強が嫌いになっている子、勉強が苦手な子には、

その子の状態に合わせて、少し手助けが必要でしょう。

まずは、その子の好きなことが何であるかをしっかり見つけましょう。

見つかったら、そこからスタートです。

例えば、虫が好きなら虫遊びを子どもと一緒に楽しみましょう。

そして、様子を見ながら図鑑で調べてみることや、数をかぞえてみることなどを

それとなく取り入れていきます。

家の中でトランプやゲームなど楽しみながら、数をかぞえたり、

どっちが多い?どっちの勝ち?次は誰?とコミュニケーションを取りましょう。

子どもが充分に楽しんだ後に、その子にとってまずは、

うんと簡単で、勉強と感じないようなプリントを用意します。

点つなぎや迷路などがそうでしょう。

①プリントを見てもイヤな気分にならないこと、②鉛筆を持つことに抵抗を感じないこと、

③椅子に座ることに抵抗を感じないこと、④出来る感を持たせること

以上4つのことが目的です。

勉強に嫌気がさしている子や勉強が苦手なお子さんがクリアしなくては、

いけないことがこの4つです。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

勉強が好きで、賢い子になってもらいたいなら、慌てないことです。

子どもには、子どもの成長過程というものがあり、

またそれは、子どもそれぞれに違うのです。

その子、その子の成長や発達をしっかりと見極めて、

その子にあった手助けをしてあげましょう。

一方通行の教育では、決して子どもは伸びません。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますhappy01

興味のある方、HPのベビーマッサージ教室の様子はこちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/mc-b-m-phot.htm

チャイルド発達教室の様子は、こちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/child-youse.htm

| | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

勉強机は、いるよ!

今日は、台風が本州通過ということで、この辺りの小、中学校は、

昨日から休校が決定していました。

四国出身の私にしてみれば、まだ来ていないのに休みsign02

と、信じがたい事実です。

北陸地方は、台風が来ないところなので、来るとなるとこんな感じです。

が・・・今回は、ほとんどいつもの大雨と変わらずでしたsweat01

まあ、用心するに越したことはなく、結果大したこともなくよかったです。

他方で被害のあった方、お見舞い申し上げます。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

小学校入学を控えて、ママさんたちがこんな会話を・・・

「ねえ、机って買う?いらないよね、

どうせ買っても荷物置きになるだけだよね、置く場所もないし。」

え~~~~~~~~~~~~~~~~~~っwobbly

ちょっとびっくりでした。

が、机を買おうかどうしようか、迷っているご家庭が

以外に多いことを後に知りました。

大体の方が、アパート住まいなどの理由で置く場所がにということですが。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

机は、ぜひとも与えてあげて下さい。

立派なものでなくてもいいのです。

ご家庭の事情に合わせて、小さいものでも、

椅子に座るタイプでなくても、何でもいいのです。

その子専用で、机の横にはランドセルを置き、

机の上では、宿題をして、勉強道具も置くんだよ、と教えてあげて下さい。

その子にとっての基地になるようなスペースを与えてあげてほしいのです。

そして、小学校入学をドキドキ、ワクワクと

楽しみに出来る雰囲気を作ってあげましょう。

勉強だけではなく、お絵かきやお手紙、折り紙や工作、

カード遊びにシール遊びなど、遊びももまた、

自分の机でするといいということを教えてあげましょう。

こうすることで、机が、基地が子どもの心のよりどころともなるものです。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

宿題の時間は、学年×10分と言われています。

1年生なら10分、6年生なら60分ということです。

1年生の10分から6年間かけて、机に向かう、

そこが一番集中出来るという習慣を付けるわけです。

3、4年生にもなると調べ学習や辞書を引くことも出て来ます。

この習慣が付いて、中学生になると、机に向かうことが苦ではありません。

中学生になると、必要な勉強量はグンと増えます。

机に向かう習慣が付いていないお子さんは、

机に向かえない、椅子から降りたくなる、寝そべりたくなるという

アンケート結果が出ています。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

学校帰りに学童保育を利用して、

そこで宿題を済ませるお子さんもいるでしょうから、

出来る限りでいいので、6年生までに机に向かえる習慣を付けてあげましょう。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますhappy01

興味のある方、HPのベビーマッサージ教室の様子はこちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/mc-b-m-phot.htm

チャイルド発達教室の様子は、こちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/child-youse.htm

| | トラックバック (0)

2009年10月 6日 (火)

努力の試み

今日は、0才児を持つ親子のつどいで、8組の親子が参加。

一人のママさん、ブログ読みました。

8時ぐらいには、寝かせた方がいいんですね。(昨日記事)

急に8時にはならないけど、少しずつ8時に近づくようにしてみます。と・・・

嬉しいではありませんか。

やれるだけやってみようかな。で、いいのです。

実現しなくても、(おそらくは、実現します)それに向かっての努力や考えること、

それがすでに、お子さんのためになっているのです。

お子さんの心と身体にママの気持ちが向いていることになるのです。

こんなふうに受け止めてくださるママさんが一人でもいる限り、

ブログを含め、いろんなところで私のつたないおしゃべりを

地道に続けたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますhappy01

興味のある方、HPのベビーマッサージ教室の様子はこちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/mc-b-m-phot.htm

チャイルド発達教室の様子は、こちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/child-youse.htm

| | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

子どもなりの心の調整

教室の鉛筆箱から鉛筆を選ぶ特学さん。

ちょうど1年前の鉛筆を持ち始めた頃は、

こちらが渡した鉛筆をすんなり使っていました。

その後、鉛筆に慣れて来た頃、鉛筆の柄をじっくり見て、

コメントしてから比較的短時間で1本選んでいました。

それからしばらくして、「先生はどれにするの?」と言うようになりました。

そう言われて、「じゃあ、これにするね!」と選んでいました。

(いつも、特学さんが選んでから、

私もその鉛筆箱から鉛筆を取り出してしたからかな?)

そしてこの夏休みに入ったぐらいから、また変化がありました。

まず、学校に持って行っているのと同じヤッターマンの鉛筆を1本増やしたところ、

どうも気に入らないようで、必ず「これ、先生」と言って、くれます。

それから、鉛筆箱から鉛筆を全部出して、両手でジャラジャラとこすり合わせたり、

机の上でジャラジャラしたり、しばらく楽しみます。

それを見ているお母さんは、少々イライラ。

「どれでもいいから、早くしなさい。」と言います。

特学さんにとっては、どれでもいいわけでは、ないのです。

どんな理由があるかは、わかりませんが、必ず、意味があるのです。

指導者が根気強く待てずして、子どもも待てる子になりません。

根気強く出来る子になりません。

そうして、鉛筆選びを待っていると、どんなにジャラジャラとしていても、

最後に必ず、自分で「これ!」と言って選びます。

そして、スムーズに学習に取り組みます。

特学さんにとって、学習に取り組むための儀式なのか、スイッチの切り替えなのか、

わかりませんが、鉛筆を持ち出した当初に比べれば、

やりとりや、心がとても成長しています。

このほんのわずかな、何気ない変化を決して見落とすことなく、

その変化に寄り添いながら、お付き合いをしたいです。

このようなことは、特学さんであっても、そうでなくても、同じです。

子育てをするうえで、教育をするうえで、とても大切なことであると、

私は、考えています。

先日、新しい鉛筆を5本鉛筆箱に増やしてみました。

ハッという顔をしましたが、何も言わず、

いつものように、ヤッターマンの鉛筆を私に渡してくれて、

その他の鉛筆は出さずに、新しい中の1本を取り出して「これ!」と選びました。

今まで1年ほど同じ鉛筆で飽きていたのでしょうか?

その飽きた気持ちを選ぶ前のジャラジャラで調節していたのでしょうか?

真意は、わかりませんが、特学さんの心の変化と成長を嬉しく思いました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 人気ブログランキングへ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますhappy01

興味のある方、HPのベビーマッサージ教室の様子はこちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/mc-b-m-phot.htm

チャイルド発達教室の様子は、こちらです。

↓↓↓↓↓

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/child-youse.htm

| | トラックバック (0)