« 子どものストレスコントロール、その日のうちに! | トップページ | 三輪車に乗る意味 »

2011年11月22日 (火)

子どもの指吸い、その正体

生後1、2ヶ月の赤ちゃんは、自分の手の存在を知りません。

手に限らず、体の部位のどこも知りません。

生後2ヶ月を過ぎると、手足がよく動くようになります。

そうこうしているうちに、動かしていた手が視界に入るようになり、

手の存在に気づくのですが、まだ自分の手であることには気づいていません。

手を動かしながらじっと見つめているうちに、口に持って行くようになります。

最初は、的はずれでうまく口に入りません。

そのうちに上手に口に入れるようになり、手がおもちゃとなります。

こうして、その手が自分の手であることを知ります。

この時点で、指を器用に吸う子もいれば、こぶしごと入れる子、

2本、3本、4本と指を突っ込む子、色々です。

その後、手を口に持って行かなくなる子もいれば、しばらく続く子もいます。

この時期の指吸いや口に持っていくことは、特に気にすることもなく、

自然でいいでしょう。

指を吸ったり、手を入れたりすることで、何であるかを充分に確かめているのです。

この時に脳は活性化されて賢くなっていっています。

また、あごを鍛えることにもなり、よだれの分泌も促します。

よだれの分泌は、離乳食を進めることを助けます。

口の中を掃除してくれます。

生後初期の指吸いには、ちゃんと意味があるのです。

自然に見守りましょう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1歳を過ぎても指吸いが続く場合、気になるママさんが多いようです。

3歳以降のお子さんや一度吸わなくなっていたのに

また吸い始めたという年長さんなどのママさんもよく悩んでいる姿を見かけます。

3歳以降の指吸いは、歯並びなどに影響が出るということを

気にしているママさんが多いようです。

(私は、歯並びに影響すほどでもないと思っていますが…)

だから、ここで注意するのは、将来の子どものためと、

辞めるまで言いますよ!と話しています。

3歳以降の指吸いにもきっと意味があります。

落ち着く、気持ちいい、たいくつ、寂しい…色々だと思います。

いずれにしても、1つ言えることは、「止めなさい」と言えば言うほど、

激しくなるというこです。

これは、指吸いに限らずです。

「止めなさい」と大好きなママに何度でも注目される指吸いを

止めてなるものですか!子どもの心理はこんな感じです。

指吸いをしていれば、ママは自分のことを気にかけてくれるんだ。

子どもはこのように解釈するのです。

子どもの指吸いを止めてもらいたい場合は、

まず、指吸いに注目しないことです。気づいていないふりをするのです。

そうすると子どもは、指を吸っていてもママは振り向いてくれない。

と判断して、指吸いをしなくなります。

もう1つ、積極的に「止めなさい」と言うかわりに、積極的に子どもに話かけたり、

じゃれあったり、抱っこしたりして下さい。あっという間に指吸いを止めます。

指吸いに限らず、爪かみやチックなど、子どもの気になる癖や行動は、

同じような方法で解決することが出来ます。

だまされたと思って、試してみて下さい。

指吸いや気になる癖を受け止めながら、ママやパパが求められていることを理解して、

お子さんに接してあげて下さいね。

  

HPにもびに来てくださいnote

http://www.mother-child.jp

|

« 子どものストレスコントロール、その日のうちに! | トップページ | 三輪車に乗る意味 »

子育て心理学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1117765/43093509

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの指吸い、その正体:

« 子どものストレスコントロール、その日のうちに! | トップページ | 三輪車に乗る意味 »