0才児

2009年7月29日 (水)

機嫌が良くなる0才児の前抱っこ

保育園の支援センターのベビーマッサージに参加した4ヶ月のベビーちゃん

家に来た人の顔を見ると泣く、友達の家に行っても泣く、

立って抱っこしていても泣く、とにかくよく泣いて、困っていますdespairと・・・

確かにベビーマッサージの間も大泣きではないものの、

グズグズ言っては、静まり、またグズグズの繰り返しで、

終わったあとは、ずっと泣いていましたsweat02

ちょっと早いけど、人見知りですよね?と何かにおさまりたいママさん。

4ヶ月で人見知りをするベビーちゃんもいますが、

このベビーちゃん、どう見ても、人見知りとは思えず・・・

私の必殺技を試してみたく、ちょっと失礼と、ベビーちゃんを抱かせてもらいました。

すると、ピタリと泣きやみました。ほんの2、3分抱かせてもらった後に

ママにお返ししました。ママは、それまで通りの抱き方をしていましたが、

その後15分ほどベビーちゃんは泣くこともなく、ご機嫌のまま帰って行かれましたheart04

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ベビーちゃんにしろ、幼児にしろ、人見知りだわ、眠たいんだわ・・・

と理由をつけてしまっては、それ以上、子どもを思いやることが難しくなります。

「○○だから仕方ない」にとどまってしまうからです。

ぐずるには、泣くには、何か必ず理由があるのです。(私の決まり文句ですが)

その理由は、そんなに簡単にわかるものでは、ありません。

人の感情とは、とても複雑なものだからです。

「何か理由があるんだよね」とぐずりたい、泣きたい気持ちをくんであげましょう。

ママがこんなふうに思うだけでも、落ち着くときがありますconfident

(病気の場合は理由を判明しなくては、いけませんが)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ちょうほうする抱き方は、こちらです↓↓↓

機嫌の悪いベビーちゃんは、この抱き方をすると落ち着くことがほとんどです。

普通の対面抱きで反り返りが強く、抱きにくいベビーちゃんにも最適です。

ぐずって反り返るときもok

なぜこの抱き方だと、ぐずりにくいか・・・

事実は、わからないのですが、考えられることがいくつかあります。

1つは、重力との関係。この抱き方だと、重力に逆らわずダラーンと

出来る上に手足が自由です。

きっと、解放された感じでリラックス効果が得られるのでしょう。

大人になると宙に浮いてダラーンてことがなかなかありませんが、

メリーゴーランドの馬に乗る機会があったら、足をダラーンと下げてみて下さい。

体の底から力が抜ける何とも言えないリラックスを味わうことが出来ます。

きっとベビーちゃんもこのリラックスを味わっているのだと思います。

2つ目は、姿勢です。この抱き方によって、背筋が伸び安定します。

0才児は、自分でピンと背筋を伸ばすことが出来ません。

背骨が伸びることで、内臓も楽になるでしょうし、脊椎にある自律神経も刺激されて

リラックス効果が出るのでしょう。

3つ目は、景色がよく見えることです。退屈せずに済みます。

自然な刺激を得ることが出来ます。

対面抱っこが長かったり、機嫌が悪くなりそうなときは、

前抱っこを取り入れてみて下さいね。

ママの腕も随分と楽なんですよsign01

それから、何かの都合でママからベビーちゃんを預かるとき

ママに対面抱きされているベビーちゃんを背中からすっと、預かることが出来ます。

これで、ベビーちゃんは、泣かずに済むのです。

まともに対面抱きから対面抱きに渡そう(預かろう)とすると大泣きです。

ほとんどの方が経験があるでしょう。

0才児は、ママから離されることよりも、

知らない人に渡される方がイヤなようですね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ 人気ブログランキングへ

↑2つにクリックお願いしますm(_ _)m

↓我が家の娘・・・私も・・・と。趣旨がよくわかりませんthink

最近の若い人はいいですねぇ。手が長くてあまってますね。

私なんて、ベビーちゃんにピッタリサイズcoldsweats01

| | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

発見!ベビーちゃんの意外な癒しグッズ

5ヶ月の少し緊張の強いベビーちゃん。

下に置くとよく泣きますbearingガラガラであやしても怒りますwobbly

普段から、ある1つのおもちゃ以外には、興味を示さないとのこと。

昨日の0才児のつどいでも不機嫌そうcoldsweats01

ところが、なにげなく用意してあった、あるものであやしたところ、

ピタリと泣きやみ、やがてリラックスした表情になり、

うっと~りとして、身体の緊張も取れましたconfident

このベビーちゃんにとって、こんなことは、初めてです。

そのあるものとは・・・ベビーマッサージの時に使うオイルの空き箱に

大き目のプラスチックのおもちゃのビーズを入れたものです。

オイルの空き箱がたくさんあり、大きさも揃っているので、

ビーズを入れて積み木もどきを作って利用しています。

箱をいくつか組み合わせて、いろんな形の箱積み木を作ってありました。

0才児のベビーちゃんには、持ちにくいので、いつもは、出さないのですが、

昨日は、何となく出してありました。

フィルムケースの中にビーズを入れているものもありますが、

それを鳴らすと、とても険しい表情をしました。

確かに紙箱にビーズが当たる音は、どこか優しい音がしますear

このベビーちゃんには、どんな音に聞こえているのでしょうか?

ママのお腹の中にいたときに似た音なのでしょうか?

ちなみに、ママのお腹にいるときに聞こえるのと同じような音が出る、

グッズ・・・ありますよね!?あれは、効果なかったそです。

とにかく、このベビーちゃんがリラックスしたことが嬉しかったです。

来週も様子を見てみますhappy01

機嫌が悪いことが多くて困るわ!

というベビーちゃんに一度使ってみて下さいnote

私も他のベビーちゃんにも使ってみますheart04

人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

↑ランキングに参加しています。

2つにクリックお願いしますm(_ _)m

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

昨日は、ココログさんのトラブルで

ブログの更新が出来ませんでしたweep

夜中になっても回復してませんでした。

見に来て下さって方もブログが開けなかったかもしれません。

ごめんなさい。

| | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

0才児の算数

生後7、8ヶ月の赤ちゃんがティッシュの箱に気付いて、

引っ張り出すようになりますcoldsweats01

やがて、トイレットペーパーにも目を付けて引っ張るようになりますeye

これも好奇心ですheart01引っぱった先には何があるのだろうか?

知りたくてたまりません。だから、何度注意されても止めません。

結果、「何もない」ことを知り、納得します。好奇心は満たされます。

先を見通す力も付きます。

ティッシュの箱なら空にすること2、3箱、

トイレットペーパーなら芯にすること2、3回です。

この他にキッチンの引き出しや化粧棚の引き出し、

単行本などの入った本棚・・・出せる物すべて出します。

思う存分させてあげて下さいねnote

そして、また次の好奇心へと向かいます。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

「何もない(ゼロ)」は、将来の算数の引き算につながっています。

赤ちゃんは、手が使えるようなると、まず「出す」ことから始めます。

その後で「入れる」ことが出来るようになり、「増える」ことを知ります。

そして大人は、片付けのときなどに

ぜ~んぶ、この中に入れてね」とよく使いませんか?これは、

小学校の算数の時間の「ぜんぶいくつですか?」の始まりです。

小学生は、足し算から始まりますが、

赤ちゃんの算数は、オッパイやミルクを飲めばなくなるという

引き算を身体でわかることから始まるのです。

生まれてから、意味のない行動は1つもありません。

すべての行動に意味があり、経験の積み重ねによって

発達、成長していくのですhappy01

人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

↑ランキングに参加しています。

お手数ですが2つにクリックお願いしますm(_ _)m

マザーチャイルドHPにも遊びに来て下さい\(^o^)/

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/

|

2009年6月17日 (水)

0才児のうつ伏せ

生後3ヶ月ぐらいのベビーちゃんで、

まだ、うつ伏せをさせたことがないんですhappy02というママによく出会います。

生まれてから、3ヶ月間、仰向けで寝ているわけですから、

その後、うつ伏せにしても嫌がったり、手が前に出ない場合がよくありますbearing

体の使い方がわからないのでしょうねsweat01

そして嫌がると、ついついさせなかったり・・・と、またまた機会を

逃してしまうケースが多いようです。

無理をせずに1回30秒~1分という短い時間でいいので

1日に何回かさせてあげるといいですねwink

すぐに上手になりますよup

うつ伏せは、生後1~1.5ヶ月ぐらいの間に始めるといいですねsign01

そして、首がすわると、首から下が順々に強くなっていきます。

うつ伏せの練習で背筋力と腕の力を鍛え、

それと並行して、仰向けで足を何度も上げてあげると、

自分の足の存在に気付き、そのうち自分から足を上げるようになりますdash

そうなると、腹筋力も付いてきて、寝返りへと発達しますok

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックよろしくお願いしますm(_ _)m

HPにも遊びに来て下さい。

http://www3.nsknet.or.jp/~wish/

| | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

食べ歩き / タミータブ

ベビーマッサージ教室

10ヶ月のベビーちゃん

食事の時に立ち上がりたく、

固定式の椅子の中で反り返って怒るそうで・・・

ちょうど、つたい歩きが盛んなこの時期の赤ちゃんにとっては、

食べることよりも動くことが楽しくて仕方がないんでしょうね。

動くことも意欲の証拠で大切にしてあげたいですよね。

でも、ちゃんと座って食事もしてほしいと思うママrestaurant

少しでも、食事に興味が湧き、食べたいという環境を

セッティングしてみると、少し変わるかもしれませんねflair

例えば、自分でつまんで食べられるように工夫してみる。

赤ちゃんせんべいやボーロなどは、おやつというだけの理由ではなく、

自分で自由に食べられる楽しみ、そこにも魅力があるのでしょう。

マグを手で持って飲み物を飲むのもそうでしょうね。

自分でつまんで食べる喜びを知れば、食への意欲にもつながるでしょう。

工夫した結果どうなるかな?

今日は、マッサージの後にタミータブに入りました。

昨日1歳のお誕生日を迎えたベビーちゃん

タミータブの中でうっとりconfidentと思いきや

立ったりしゃがんだり、チャポチャポとお湯遊び開始でしたsweat01

人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますm(_ _)m

| | トラックバック (0)

2009年6月 2日 (火)

ベビー体操 / ミルクが終わったら

0才児のつどい

4ヶ月のベビーちゃん

手足の緊張が強く、今までの強張った固い表情だったのですが

今日は、とってもほんわかとしたいいお顔で登場happy01

前回、足を上げてあやしたのですが、

今日は、自分から足を上げていました。

足上げ体操の効果なのか、一週間近い便秘がいつもだったのに

前回以降、毎日ウンチが出るようになったとのこと、

よかったですねheart04

今日は、お手てを交差にバンザイ、対角線ストレッチに

ブリッチ・・・たっぷりと体操出来ました。

次回は、移動の入った体操をしようねshine

4ヶ月のベビーちゃん

ミルクを飲み終わって泣くのは、

ミルクが足りないからかなあと気になるママ。

哺乳瓶だとミルクがなくなったことが目に見えてわかるので

大人は、すぐに赤ちゃんの口から、

哺乳瓶を離してしまいがちですが、

赤ちゃんは、ミルクを飲み終わった後の

納得のいく時間(余韻)を必要としている場合があるので、

ミルクがなくなっても、しばらく吸わせてあげて、

様子を見ながら、口から離してあげるといいですね。

そうしてみても大泣きするようであれば、

もう少し、ミルクを足してあげるといいでしょうね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますhappy01

| | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

うつ伏せ / 手足の緊張 / 指吸い

0才児のつどい

5ヶ月のベビーちゃん

うつ伏せが苦手で頭が持ち上げられません。

先週は、あやしたり、身体をたくさん触ってウォーミングアップ

そして、今日…とっても上手に頭を持ち上げました。

嬉しかったです(o^-^o)

4ヶ月のベビーちゃん

手足の緊張が強く、下に寝かしたり、私が抱くと、とても不安そうに泣きます。

先週は、ほとんど触れることが出来ず、リラックスしてもらえず残念weep

今日も大きな変化は、ないかなあと思っていたのですが、

笑顔であやし続けていると、かすかに笑顔が見え始めたのでチャンスsign01

足を揺らし、お腹をこちょこちょ、背中さすり、お手てを触り、

身体をねじり…とリラックス大成功でしたheart04

2ヶ月のベビーちゃん

指は吸い始め、心配そうなママ。

生後間もない赤ちゃんは、自分に手があることを知りませんが、

2ヶ月ぐらいになると手の存在に気付き、動かすようになります。

そして、手がどんなものか確かめるために口へ持って行きます。

やがて、ガラガラが持てるようになったり、寝返りしたりと

手の活躍が増えるようになると、手を口に持って行くことは少なくなるので、

それまで、心配しすぎず見守ってあげたいですね(*^-^)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますhappy01

| | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

反った親指の爪 / 食への意欲 

ベビーマッサージ教室

8ヶ月のベビーちゃん

足の親指の爪が反って来たことを心配していました。

8ヶ月ともなれば、うつ伏せやずり這い、四つん這と

足もよく使うようになります。

そして、一番力が入れているのが親指なんでしょうね。

力が入ることで、まだとても薄い赤ちゃんの爪は、反り返るのでしょう。

個人差は、あると思いますが、小学生になるぐらいまで

反っている子もいますが、いずれはきれいな爪になることがほとんど、

心配はいらないと思いますhappy01

もうすぐ1才のベビーちゃん

食事を手づかみで食べたがるとのこと、

ほんのわずかな手づかみの期間、受け入れてあげると、

すぐにスプーンやフォーク、お箸も上手に使うようになりますよ。

手づかみでガツガツ食べる子は、意欲のある証拠ですね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

↑ランキングに参加しています。2つにクリックお願いしますm(_ _)m

| | トラックバック (0)